【グラブル】四象降臨の進め方と初心者がすべき事

グラブル

グラブルで定期的に開催されているイベント「四象降臨」の進め方、
初心者がすべきことを解説します。

初心者の方にとっては強くなるための最重要イベントといっても過言ではありません。

四象降臨とはどんなイベント?

四象の輝きというポイントを貯め、そのポイントを使用することによって、
グラブルで最も貴重なアイテムの一つである、ヒヒイロカネ
キャラクターの限界を超えて育成可能になる久遠の指輪
全属性に用意された非常に優秀な四象武器
黄龍、黒麒麟と戦うためのトリガーアイテム。(強力な召喚石をドロップします。)
等を取得出来る非常に重要なイベントです。

ヒヒイロカネと久遠の指輪の在庫は定期的に追加されます。
長期プレイヤーは入荷待ちとなっている人が多いですね。
逆に新規プレイヤーは在庫が沢山あるのでイベント期間中に全てを取得することはかなり難しいので開催ごとに目標を立てましょう。

ヒヒイロカネとは?

ヒヒイロカネは非常に強力なキャラクターである十天衆を仲間にすることが出来る貴重なアイテム。
武器の上限解放にも使うことが出来ますが、初心者はまずは十天衆のために使いましょう。
四象降臨で取得出来るクロム鋼を集めて交換することが出来ます。
仲間にするために1つ、最終上限解放のために1つ~2つ使用することになります。

最終上限解放に2つ使用することになりますが、古戦場での44箱開けを達成することでヒヒイロカネを1つ節約することが出来ます。
通常は一人につき3つ、古戦場を頑張るなら2つ必要になるということですね。

久遠の指輪とは?

久遠の指輪とはキャラクターのLBの強化回数上限が10回上がり、
攻撃力が別枠10%、最大HPが10%、ダメージ上限が5%上がるという強化アイテムです。
ヒヒイロカネと同じくクロム鋼を集めて交換することが出来ます。

初心者にとってヒヒイロカネよりは優先度は下がりますが、余裕があれ取得しておきたい強力なアイテムです。
現状取得出来る個数は限られているので推しのキャラクターに使うか、強いキャラクターに使って効率を上げるかよく考えて使用しましょう。

取得アイテムの優先順位を考える

まずは同じく最重要イベントである「決戦!星の古戦場」で使える武器を把握すること。
そして取得予定の十天衆と最終解放で必要なヒヒイロカネの数を計算すること。
イベントに費やすことの出来る時間を考えて無理のない取得計画を立てましょう。

十天最終を44箱コースの方は最低でもヒヒイロカネを二つは確保ということですね。

次回の「決戦!星の古戦場」は火属性有利で6月20日~開催予定。
必要なヒヒイロカネ+火属性武器の取得強化を頑張りましょう!

光と闇属性武器は入手難易度が高いことに注意

光と闇属性の武器はポイントで入手できる四属性印符を四象金印と交換。
それを消費して戦うことの出来る黄龍、黒麒麟がドロップするトレジャーと交換することによってようやく取得することが出来ます。
4凸、5凸にはさらにトレジャーが必要なのも大変なところ。

四象金印の取得は大変なので消費するときは必ず連戦に参加しましょう!
装備取得は大変ですが5凸も実装されており、副産物で手に入る召喚石も非常に強力です。
黄龍、黒麒麟のマルチバトルをクリアすると2体同時バージョンと戦うことが出来ます。
ドロップ率はそちらの方がいいので解放されたらそちらで連戦に参加ですね。

デイリーミッションを欠かさないこと

デイリーミッション内容 達成報酬
マルチバトルで「朱雀」または「アグニス」を5回討伐 四象の輝き×500
マルチバトルで「玄武」または「ネプチューン」を5回討伐 四象の輝き×500
マルチバトルで「白虎」または「ティターン」を5回討伐 四象の輝き×500
マルチバトルで「青竜」または「ゼピュロス」を5回討伐 四象の輝き×500
上記4ミッションを全て達成 クロム鋼×1

イベント期間中は毎朝5時にリセットされるのでそれまでに必ずデイリーミッションを達成し、クロム鋼をもらいましょう。
戦力が不安な初心者さんは救援に参加して達成しましょう。

デイリーミッションを見逃した場合は次回開催時にポイントはかかりますが逃した分が在庫に追加されるので安心してください。

四象の輝きを貯める基本的な流れ

まずはデイリーミッションをこなしつつソロでもマルチバトルでもいいので戦闘をしましょう。

段階 メッセージ
0 水晶は静かに佇んでいる
1 水晶は沈黙を保っている
2 水晶から微かな力を感じる
3 水晶が微かな光を灯した
4 水晶に光が灯っている
5 水晶が淡い光を放っている
6 水晶が強い光を放っている!
7 水晶が輝きだした!
8 水晶の放つ輝きが強くなった!
9 水晶が眩い輝きを放っている!!
10 水晶は神々しく光り輝いている!!

戦闘を重ねるとイベントトップページの水晶のメッセージが変化していきます。
10段階目の

「水晶は神々しく光り輝いている!!」

になると大ボスを沸かせることが出来ます。
大ボスは得られるポイントが非常に多いので光り輝いたら必ず沸かせましょう。
デイリーミッションが終わった後は、得意な属性やボーナスタイムを考えて戦闘を重ねていきましょう。

自発のみで8回、救援のみで16回のバトルで最大まで輝くことを覚えておきましょう。

デイリーミッションをする前にMANIAC討伐

難易度MANIACを討伐できる人はデイリーミッションをする前に済ませておきましょう。
理由としては1回の討伐で輝きが0段階から最大まで伸びるからです。

各種四象の試練でも輝きが最大まで伸びるので最大限利用することによってAPとBPの節約にもなります。
Maniac2回討伐後にデイリーミッションという流れが効率がいいですね。

討伐章報酬を集める

各ボスを倒すと対応した討伐賞をドロップします。報酬は最大200枚まで。
ラインナップはガチャチケット、宝晶石、各種SSR武器、各印符となかなかに豪華。

デイリーミッションをこなすと一日に各討伐賞が最低でも10は増えるはず。
残り日数のデイリーで増える数を計算して200枚目指しましょう。

ボーナスタイムを利用する

イベント期間中は2時間ごとに各属性ボスにボーナスが適用され取得ポイントが増加します。
大ボスもボーナスタイムに対応したボスが出現するので、スケジュールを確認し、時間が取れる日は自分の得意な属性の時間に頑張れるように調整しましょう。

ボーナスタイムが苦手属性の時は、通常ボスは得意属性。

大ボスは救援を利用して倒す等工夫しましょう。

アサルトタイムを利用する

アサルトタイムは全てのボスに対してボーナスが適用され、大ボスも好きなボスを沸かせることが出来るようになります。

アサルトタイムは一番の稼ぎ時!

自分の活動時間にあったアサルトタイムを設定している騎空団に所属しましょう。

参戦タイミングボーナスを把握する

アグニス等の難易度EXTREME+に挑戦する際は自発、救援参加共に
敵のHPが多いほど自身のHPと攻撃力、取得輝きにボーナス。
敵のHPが少ないほど参加BPが低下します。

EXTREME

残りHP 必要BP ボーナス
50~100% 2 自発時は自身にHP、攻撃25%UP 四象の輝き+50
50%以下 1 なし

EXTREME+

残りHP 必要BP ボーナス
50~100% 3 HP、攻撃力25%UP 四象の輝き+50
25~50% 2 HP、攻撃力15%UP
25%以下 1 なし

難易度PROUD、PROUD+に挑戦する

難易度EXTREMEを1ターン以内に倒すことによって
Lv120朱雀、玄武、白虎、青竜と戦う難易度Proudが解放。
Proudの4ボスを倒すとLv150の黄龍、黒麒麟と同時バトルのProud+が解放されます。

Proudは四象の輝き×15000、各印符×1
Proud+は四象の輝き×30000、黄龍のマグナアニマ×1、黒麒麟のマグナアニマ×1

が獲得出来るので勝てる戦力がある人は挑戦しましょう。
期間中に一度だけ討伐が可能で勝つまでは何度も挑戦出来ます。

Proud+はかなりの難易度、クリア出来れば一人前の騎空士!

報酬の輝きは所持限界を超えて取得出来るので最終日にこなすことによって限界を超えたポイントを次回開催に持ち越すことが出来ます。

各種武器を上限解放する、スキルを付与する

四象武器は最初から3凸されていて初心者にはそれだけでも強力なのですが、
輝きのポイント交換で取得できる各印符+エレメント等の素材を使うことによって4凸状態にすることが出来ます。
Lv120に達することでスキルが追加される武器が多いのでイベント期間中に忘れずに凸に必要な印府を取っておきましょう。
更に朱雀光剣、玄武甲槌、白虎咆拳、青竜牙矛は各印府をトリガーに戦闘することが出来る四象の試練のドロップアイテムをショップで秘文書に交換することによって、
ダメージ上限UP等のスキルを付与することが出来ます。

秘文書の交換に必要なアイテムである霊宝は5つ必要ですがドロップ数が2~3個なので運が悪いとスキル1つ追加のために3回戦闘=3印符消費することになります。
出来る限りトレハンを入れるようにしましょう。

火属性で優先して取っておきたい武器

4凸し、邪のスキルを付けることによってダメージ上限の上がる朱雀光剣。
必殺スキルを持ちメカニックでのメインはもちろんサブ武器としても優秀な夏ノ陽炎。
メイン装備時アイテムドロップ率UPスキルを持つセプティアンバーナー。

朱雀光剣はダメージ上限の上がる邪も優秀ですが、余裕があれば最大HPの上がる王の作成もオススメです。

水属性で優先して取っておきたい武器

4凸し、邪のスキルを付けることによってダメージ上限の上がる玄武甲槌。
4番目のメンバーの通常攻撃に強力な追撃ダメージが発生する玄武殻拳。
獲得RankポイントUPというRank上げに便利なネプテゥヌスの三叉鉾。

水着ディアンサ最終ウーノと組み合わせた玄武殻拳の火力は凄まじいの一言。

通常攻撃で古戦場のEX+も倒すことが容易になります。

土属性で優先して取っておきたい武器

4凸し、邪のスキルを付けることによってダメージ上限の上がる白虎咆拳。
マグナ攻刃+クリティカルという優秀なスキル構成の秋ノ落葉。

秋ノ落葉は片面マグナでの確定クリティカル編成においてゴブロ斧5本目の代わりになるという性能です。
何かとエレメントを消費するマグナ2武器が1本減るのはかなり嬉しいですね。

風属性で優先して取っておきたい武器

4凸し、邪のスキルを付けることによってダメージ上限の上がる青竜牙矛。
マグナ攻刃+最大HP上昇というマグナ編成で不足がちなHPを補ってくれる春ノ柔風。
レベル上げに便利な獲得経験値UPスキルがついているアネモイの銀琴。

春ノ柔風奥義効果も味方全体の連続攻撃確率DATA25%という優れもの。
ラストストームハープに奥義倍率は負けますが連撃の効果値はこちらが上。
ランバージャックで使えるのもポイント。

光属性で優先して取っておきたい武器

EX攻刃枠で闇属性ダメージ軽減も付きレスラーの武器としても有用な黄龍拳。
攻刃II+回復アビリティを使うたびに累積で最大50%もの光攻撃力が上がる黄龍刀。
メイン装備時限定だがゼウスの加護も乗る奥義威力と上限アップスキルを持つ黄龍槍。

光属性武器は3種類とも全て優秀。
黄龍刀はフュンフレヴィオン姉妹の組み合わせが強力ですね。
黄龍槍はAT時の奥義パなどにオススメです。

闇属性で優先して取っておきたい武器

最大HPが下がるというデメリットがあるが攻刃+ダメージ上限が10%も上昇する麒麟弓。
EX攻刃枠で光属性ダメージ軽減が付く麒麟剣。

背水環境では必ず編成に入るといってもいい麒麟弓を最優先で取得しましょう。

余裕があればとっておきたいSレア武器確定チケット

SRキャラクターの中には非常に優秀なキャラが紛れています。
もしキャラなし武器だとしてもエレメントの補充になるので余裕があれば取得しておきましょう。

サブメンバーに編成するだけで毎ターン回復してくれるセワスチアン
SSR以上の奥義威力を叩き出すミリンなどが引けたら大当たり!

初心者だけど早くトッププレイヤーに追いつきたい!

始めたばかりだけど早く強くなりたい!そんな人も多いと思います。
そんな方が最重要視すべきことは召喚石黄龍と黒麒麟の入手となります。
両石とも六竜戦、アルバハHL、ルシファーHL、ベルゼバブHL等の高難易度バトルに役に立つ上に四象降臨を頑張れば無料で取得することが出来ます。
サポート石としても非常に優秀なのでフレンド作りも楽になります。
四象金印を2つ使って戦うことの出来る黄龍・黒麒麟HLでそこそこの確率で取得可能です。

1.必要なヒヒイロカネを最低限確保。

2.古戦場で役に立つ武器の取得。

3.四象金印交換に必要な四属性印符を在庫が尽きるまで交換する。

という流れがいいでしょう。

黄龍・黒麒麟HLはイベント期間外いつでも戦うことが出来るのでイベント中はトリガー集めに専念し、終わった後に連戦に参加する方が効率がいいですね。
1度の連戦に参加で1~2個はドロップする感じでしょうか。
性能が優秀なので各石2つ編成にあってもいいくらいです。

ストイベ用の周回パーティを流用できる

マルチバトルで戦う四聖獣の体力はストーリーイベントの難易度VHより少し高い程度。
普段利用している周回用の編成を流用できます。
1戦に非常に時間がかかる初心者は救援を利用して稼ぎましょう。

初心者はまずは勝つこと、奥義パで1ターンキルを目指すことを順にステップアップしていきましょう。

上級者向けですが四象降臨でもタイムオンターゲットでのアビポチ周回が可能です。

タイトルとURLをコピーしました